愛情の波

 スピリチュアルで考える現世の6年目は「愛情」の波の年に当たります。理想的なのは信頼関係を構築し、互いに助け合うことですが、パートナー、家屋、友人、同僚との関係は簡単に悪化してしまうものであり、それを乗り越えて関係性を保つことが重要です。大きなイベントも発生し易い時期ですから、その派手さに惑わされないように注意する必要もあります。例えば女性であれば、結婚や出産が控えている可能性があります。マリッジブルーと言われるように、おめでたい反面、ストレスフルな状況に置かれることもあります。それを乗り越えるためのアドバイスをスピリチュアルカウンセラーから受け取るようにして下さい。
 6という数字はスピリチュアル的には「妊娠」「教師」を意味します。つまり「育てる」ことがテーマとなる年なのです。解決の難しい問題が生じても、それを強引に処理しようとすると却って失敗するものです。優しい気持ちで対応できるかどうかがポイントになります。
 問題の解決を図ろうとする時、色々教えたがる人がいます。しかし教えることと育むこととは異なります。教えることには打算が含まれるからです。元々知識を蓄えている人が相手を威圧するに等しい行為だと考えれば分かりやすいでしょう。そのことに気付かず教師の役回りを演じるのは大変危険です。もちろん教えてはいけないわけではありません。大切なのは、「知恵を伝える」という態度に徹し切れるかです。つまり「教えてあげている」といった横柄な態度を改めなければなりません。このことは受け取る側、つまり教えられる側にも言えることで、「教えてもらう」と感じるのは自己卑下し過ぎです。単にマニュアルを教えてもらうだけならそれでも良いのですが、人生の岐路でアドバイスをもらう時は、対等な関係で相談することが問われます。

新しい自分を発見する

 スピリチュアルの世界で言う「変化の波」は、新しい自分に出会う機会でもあります。スピリチュアルコーチングではこうした魂についても取り扱います。
魂はそもそもタブラ・ラサからスタートする存在です。全ての可能性に開かれた存在であり、個性というのは飾り物に過ぎません。誰もが自身の可能性を信じて突き進めば、魂の輝きが見えてくるものなのです。魂を追って努力を続ければ、むやみに他人と比較しようとはしないはずです。羨望や嫉妬は負のエネルギーを生んでしまいますし、自己卑下も成長を妨げます。変化は成長のための変化であり、過去の自分を否定して生まれ変わることを意味するのではありません。成長とは魂に近付くことであり、自分の潜在能力を探ることなのです。
 経歴や地位に恋々とする人は、自らの可能性を妨げます。例えば自らを誇るかのように名刺を差し出す人もいますが、非常に馬鹿らしい仕草です。名刺に書かれた肩書が何だというのでしょうか。自分をその肩書の内に押し込んでしまえば、その肩書を超えた存在になる可能性は消失してしまいます。未来のあなたを保証するものなどこの世には無いのですから、己の可能性を狭めてしまうような真似は控えましょう。
 何かに秀でた人は、他のジャンルで活躍できる可能性が十分にあります。その道で長く活躍した人ほど、今更他の道を探るのは気が引けるはずです。今の自分に満足していればそれでも構わないのですが、物足りなさを否定できないのであれば、何歳からでも挑戦する価値はあります。幸いにも昔とは異なり、現代社会は挑戦のためのツールが多様化しています。いつでもどこでも新しいことを学べますし、色々な選択肢が用意されています。それらを活用しない手はありません。

石の選び方2

 石を選ぶ時は専門家の意見に耳を傾けるべきです。適当に選んでしまうと、自分に合った石を購入することが出来ません。好みでさえ日によって変わってしまうことがあります。スピリチュアルの世界では波長と呼ばれているものが関係するのですが、波長の低い日に石を選択すると、波動の荒いものが目にとまると言われています。ですから気持ちが沈んだ時に石を購入するのは禁物なのです。初心者はそうした知識がありませんから、ついつい不適当な石を買ってしまうのだと、留意して下さい。
 もう少し選択のポイントを具体的にご説明しましょう。一番気になるだろう形ですが、意外にも原石に近い石は薦められません。何故なら、原石に近いと自然霊が消失していないからです。商品として売られている石であれば、大抵は磨かれているものですから、それほど心配する必要はありませんが、注意するに越したことはありません。特に癒しを求めて購入される方は、球形に近いものを選ばれるのが無難でしょう。
 大きさについてはどうでしょうか。こちらは用途次第だと言えます。お守りとして購入したいのなら、実用面からして小さい方が良いでしょう。何でも大きければよいというものではありません。ただ除霊を目的とする場合は、それよりも大きな石を使うことが望まれます。意識の強い方であれば、3cm以上は必要になるでしょう。それでも3cmというハードルですから、気にし過ぎないことが大切です。選ぶことが出来ない時は、どの大きさの石でも構いません。色については原則として好みの石、フィーリングの合う石を選びましょう。但し水晶に限っては、透明のもの、無色のものを選ぶのが無難です。

石の選び方1

 スピリチュアルの世界で重要視されているアイテムとして、石を挙げることが出来ます。石のエネルギーは絶大で、単に癒してくれるばかりでなく、時には悪い気を追い出してくれたりもします。石にはたくさんの種類が存在しますが、スピリチュアルの世界でよく挙げられるのが、水晶、ラピスラズリ等です。これらはパワーストーンと総称されています。石は言うまでもありませんが、人工物ではなく、天然の物質です。存在する時点で既に多くのエネルギーを地球から得ています。動物や植物に生命が宿っているように、石にもエネルギーが満ち溢れているのです。しかし石に期待できるのはそれだけではありません。何と悪いエネルギーを追い払ってくれる効果があるのです。水晶の働きとして有名ですが、それ以外の石にも除霊効果はありますから、試してみると良いでしょう。
 石の選び方については、素人の判断で行わないことが大切です。石の専門店が全国に散在しますから、是非専門家の方に相談して下さい。個人店を信用することが出来なければ、大型店やデパートを利用するのも賢い方法です。また最近の関連書籍には付録として石が付けられていることも多いので、初心者の方はそれらを利用するのも良いでしょう。いずれにしても、石を選択する時は、肉眼で確認することが求められます。できれば触って確かめてから購入しましょう。個々人に合った石というものが存在しますから、一目で気に入った石を選ぶと後悔することがありません。もちろん専門家の説明をきちんと聞いた上で判断しなければなりませんが。

迷子になった時に求めるもの

 成功や幸福を求める気持ちも分かりますが、あまりにガツガツし過ぎると、成功は遠のいてしまいます。日々の生活の中に喜びを見出すことを大切にして下さい。そうすれば、成功への道は自然と広がります。どれほど自分の能力に自信を持っている人でも、己の力だけで道を切り開くことはできません。ですから焦ってがむしゃらに勉強したり働いたりしても、精神的に不安定な状況に置かれてしまうことになります。よく見られるのは、「自分のように能力の高い人間が、このような位置に甘んじているのは許せない」という憤りです。こうした人たちは、はっきり言えば精神的に幼稚です。誰の助けも借りずに成功できると思い上がっているからです。

 誰であろうと、必ず他人の助けを必要とする時が訪れます。その際は、是非躊躇せずに助けを借りるようにして下さい。息切れする前に、見守ってくれる人に出会うことが必要です。見守ってくれる人とは、両親や親友でも良いのですが、根本的には彼らを意味しません。何故なら、彼らがいつも傍にいてくれるとは限らないからです。翻って、常にあなたの傍であなたを見守っている存在があります。それが天なのです。

エンパス体質

日本人の五人に一人は、エンパス体質を持っていると言われています。エンパスは、他者に共感をする能力で、共感能力者とも呼ばれます。感情や体調などを敏感に感じ取ることができるので、サポートする能力や、相談役として優れているそうです。逆に、人の感情に共感し過ぎてしまうために、自分まで引きずられてしまうことや、悩みを抱えてしまうという人も多いそうです。
エンパス体質は、人の感情が直感的に読み取れる、人の痛みを自分のことのように感じる、調子が悪い人を見分けられる、人ではないものと通じている感覚があるなど、様々な共通点があるようです。人以外のものと通じることができる場合は、動物や植物、鉱物までが対象になるそうで、エンパス体質の中でも稀な能力と言えるでしょう。
エンパス体質によってマイナスの影響が出てしまう場合は、まず無理をせずその場から離れることが良いでしょう。離れたことで安心感を持てるという場合は、周囲の人が発生源になっている可能性が高いそうです。学校や会社など、どうしてもその場から離れることが難しい場合は、「無の状態」にする癖をつけると良いと言われています。呼吸に集中をすれば意識がそちらに向きますし、難しい場合には専門家に相談して自分に合ったやり方を探しても良いでしょう。そして何より、健康な状態でいることが悪影響を受けにくくする方法となるそうです。体が弱っている時には、マイナスの感情に引き摺られやすくなります。食事と睡眠をしっかり取り、悪い影響に飲まれないようにしましょう。他にも、一人の時間を多く取ることや、能力についての理解者を持つなど、工夫によって体質とも上手く折り合いがつけられるそうです。自分に合った方法を探してみましょう。

霊媒体質

スピリチュアルな体質のうちのひとつに、霊媒体質と呼ばれるものがあります。憑依体質とも呼ばれることであり、霊的な影響を人よりも受けやすくなっており、霊が乗り移りやすい体質とも言えます。霊感とも言われるように、聞けば悪いことのように聞こえるかもしれませんが、これはイタコや巫女、シャーマンなどの霊媒師に非常に向いた体質とも言えます。霊が降臨している状態のことはトランス状態と呼ばれており、ほとんどの場合、憑依中の記憶はありません。この体質は、生まれながらにして持っていたという場合と、後から授かったという2パターンあるそうです。生まれながらに持っていたという人は、自分が赤ちゃんの頃から霊に触れていたので、悪い影響を受けにくいとされています。何らかのきっかけで、霊を引き寄せる形で体質を授かってしまった場合は、体質を上手くコントロールしないとマイナスの影響に引っ張られてしまうそうです。
霊媒体質のある人は、感受性が豊か、気持ちが流されやすい、感情的と言われることが多いとされているそうです。これは、霊の影響を受けやすいからです。霊の中でも、良い影響を与える者と、そうでない者がいるそうで、これは上級霊や低級霊と呼ばれています。上級霊は神に近い存在で、人生に迷わないよう導いてくれることもありますが、低級霊は体調不良などの悪影響を与えてしまうことがあるそうです。特に体が不調だとされる時に低級霊が下りてくることが多いとされています。この体質であると、どちらか片方だけと接触しようとしても難しく、どちらの影響も受けてしまうと言われています。
これらを職業にするには、この霊媒体質を自分で上手くコントロールできるようにならなくてはなりません。

スピリチュアルの要諦

 スピリチュアルについて正確に理解するためにも、まずは言葉をきちんと定義することから始めたいと思います。多くの方が耳にしたことのある言葉ですから、ネット等で調べるのも難しくはないでしょう。たくさんの解説ページが存在していますが、共通しているのは、「霊的、精神的、魂の」という定義ではないでしょうか。ただこの定義からイメージするものは、人によって大きく異なるでしょう。一部の人は霊的という定義から、お化けのようなものをイメージされるかもしれません。スピリチュアルとオカルトとは必ずしも無関係ではないものの、主たる要素ではないことだけは間違いありません。定義の中では「精神的」という解釈が、一番誤解を生まないようにも思います。もう少し詳しく説明すると、精神の深部、無意識の領域に触れることを指しています。潜在意識という概念に近いと考えれば分かり易いでしょう。目には見えない世界を取り扱うことから、科学的エビデンスとは相反する概念、領域です。そればかりか、現実世界そのものとも距離を置く世界と言ってよく、一部のスピリチュアル専門家は、現実世界の虚構をさえ指摘するようです。

 スピリチュアルの世界で説かれることは、科学的実証とは無縁と言えます。なぜなら、宇宙の真理の全てを科学で明かすことはできないという立場をとるからです。現実世界が科学的態度に偏っている以上、スピリチュアルの世界に足を踏み入れることでしか真理に辿り着けないのだと、スピリチュアルカウンセラーはアドバイスします。ここで注意したいのは、スピリチュアルで言うところの「宇宙」と、天文学の対象である「宇宙」とは、必ずしも一致しないという事ではないでしょうか。この点が、「精神的」と定義される所以なのかもしれません。

スピリチュアルカウンセラー

 カウンセリングにも色々な形態が見受けられますが、最近は霊能者、チャネラーと呼ばれる人たちがカウンセラーの役割を担うことも多く、彼らは俗にスピリチュアルカウンセラーと呼ばれています。彼らに依頼するクライアントの目的は、自分の現在の状態、親族や友人、恋人の様子、そして未来についてアドバイスをもらうことなのですが、実態は過去に見られたイタコ、ユタ等のサービスと変わらないと言えるでしょう。それにもかかわらず、クライアントの数は以前と比較にならないほど増えているようです。

 霊能者にリーディングしてもらったクライアントは、そのアドバイスをどのように受け止め、さらに日常生活に活かしているのでしょうか。リーディングのサービスを受けると、普段は抜け出すことのできない常識、理性といった囲いから解き放たれることもあるかもしれません。クライアントにとっては高額の対価を支払ってでも得たい「気付き」なのでしょう。しかし霊能者は弁の立つ人が多く、彼らのアドバイスがクライアントの能力を超えた目標を設定させたり、必要以上に期待を抱かせたり、不安を掻き立てたりすることも少なくありません。こうしたアドバイスをサービスと表現しましたが、これがスピリチュアルビジネスの域内で行われているのならともかく、時には依頼した覚えもないのにあれこれ指示してくる霊能者も存在するようです。

 彼らを世話焼きカウンセラーと名付けるならば、なるべく彼らの世話にならないことをお勧めします。というのも、例え彼らが好意で助言するのだとしても、クライアントとしての心の準備もできていないのに、いきなり常識を超えた行動を指示されたところで、困り果ててしまうのではないでしょうか。

スピリチュアルコーチングで名回答

スピリチュアルな世界では、宇宙銀行という用語があります。

宇宙銀行とは、24時間、お金がいつでも引き出せる預金口座のことらしいです。銀河系の宇宙にある預金口座のことで、通帳や印鑑は必要ありません。自分の意志で、銀行にアクセスをすると、いつでも必要なお金が引き出せると言います。

宇宙銀行にアクセスをするには、意識でつながらなくてはならないと言われています。それには、自分が好きなことをしていなくてはなりません。

犬が好きな人は犬を飼い、猫が好きな人は猫を飼い、絵の好きな人は絵を描けばいいのです。私たち多くの人は、忘れてしまっていますが、心と宇宙は、本当はつながっています。

好きなことをしていると、人は心が開いてきます。すると、心が宇宙銀行とつながりやすくなるのです。

絵を描くためのお金が、絵を描く人の元に、舞い込んでくるようになると言われています。

その一方で、文筆業は好きでも、お金のために嫌々、好きでもない業界の記事を書いていると、宇宙銀行とのつながりは持てません。どんなに必死で働いても、必要な時に必要なお金が入ってこなくて、貧乏生活を送ることになってしまいます。

宇宙銀行の財源に、限界はないそうです。世界中の人が、宇宙銀行とつながるようになれば、皆が桁違いの大金持ちになることもあり得ると言います。

また、宇宙銀行とつながりやすくするためには、ポジティブなイメージを、お金に対して持つことが重要となります。

お金持ちになれるはずがない、お金があっても幸せになれない、などと思っていると、宇宙銀行とのつながりは切れてしまいます。

もっと悪いのは、お金が入ってくると不幸になるかもしれない、というネガティブな思い込みです。考えを替えて、お金持ちになる権利がある、と思うようにしましょう。

心を開いて、宇宙銀行とつながり、お金持ちになりましょう。