スピリチュアルで考える現世の6年目は「愛情」の波の年に当たります。理想的なのは信頼関係を構築し、互いに助け合うことですが、パートナー、家屋、友人、同僚との関係は簡単に悪化してしまうものであり、それを乗り越えて関係性を保つことが重要です。大きなイベントも発生し易い時期ですから、その派手さに惑わされないように注意する必要もあります。例えば女性であれば、結婚や出産が控えている可能性があります。マリッジブルーと言われるように、おめでたい反面、ストレスフルな状況に置かれることもあります。それを乗り越えるためのアドバイスをスピリチュアルカウンセラーから受け取るようにして下さい。
 6という数字はスピリチュアル的には「妊娠」「教師」を意味します。つまり「育てる」ことがテーマとなる年なのです。解決の難しい問題が生じても、それを強引に処理しようとすると却って失敗するものです。優しい気持ちで対応できるかどうかがポイントになります。
 問題の解決を図ろうとする時、色々教えたがる人がいます。しかし教えることと育むこととは異なります。教えることには打算が含まれるからです。元々知識を蓄えている人が相手を威圧するに等しい行為だと考えれば分かりやすいでしょう。そのことに気付かず教師の役回りを演じるのは大変危険です。もちろん教えてはいけないわけではありません。大切なのは、「知恵を伝える」という態度に徹し切れるかです。つまり「教えてあげている」といった横柄な態度を改めなければなりません。このことは受け取る側、つまり教えられる側にも言えることで、「教えてもらう」と感じるのは自己卑下し過ぎです。単にマニュアルを教えてもらうだけならそれでも良いのですが、人生の岐路でアドバイスをもらう時は、対等な関係で相談することが問われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です