石を選ぶ時は専門家の意見に耳を傾けるべきです。適当に選んでしまうと、自分に合った石を購入することが出来ません。好みでさえ日によって変わってしまうことがあります。スピリチュアルの世界では波長と呼ばれているものが関係するのですが、波長の低い日に石を選択すると、波動の荒いものが目にとまると言われています。ですから気持ちが沈んだ時に石を購入するのは禁物なのです。初心者はそうした知識がありませんから、ついつい不適当な石を買ってしまうのだと、留意して下さい。
 もう少し選択のポイントを具体的にご説明しましょう。一番気になるだろう形ですが、意外にも原石に近い石は薦められません。何故なら、原石に近いと自然霊が消失していないからです。商品として売られている石であれば、大抵は磨かれているものですから、それほど心配する必要はありませんが、注意するに越したことはありません。特に癒しを求めて購入される方は、球形に近いものを選ばれるのが無難でしょう。
 大きさについてはどうでしょうか。こちらは用途次第だと言えます。お守りとして購入したいのなら、実用面からして小さい方が良いでしょう。何でも大きければよいというものではありません。ただ除霊を目的とする場合は、それよりも大きな石を使うことが望まれます。意識の強い方であれば、3cm以上は必要になるでしょう。それでも3cmというハードルですから、気にし過ぎないことが大切です。選ぶことが出来ない時は、どの大きさの石でも構いません。色については原則として好みの石、フィーリングの合う石を選びましょう。但し水晶に限っては、透明のもの、無色のものを選ぶのが無難です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です