日本人の五人に一人は、エンパス体質を持っていると言われています。エンパスは、他者に共感をする能力で、共感能力者とも呼ばれます。感情や体調などを敏感に感じ取ることができるので、サポートする能力や、相談役として優れているそうです。逆に、人の感情に共感し過ぎてしまうために、自分まで引きずられてしまうことや、悩みを抱えてしまうという人も多いそうです。
エンパス体質は、人の感情が直感的に読み取れる、人の痛みを自分のことのように感じる、調子が悪い人を見分けられる、人ではないものと通じている感覚があるなど、様々な共通点があるようです。人以外のものと通じることができる場合は、動物や植物、鉱物までが対象になるそうで、エンパス体質の中でも稀な能力と言えるでしょう。
エンパス体質によってマイナスの影響が出てしまう場合は、まず無理をせずその場から離れることが良いでしょう。離れたことで安心感を持てるという場合は、周囲の人が発生源になっている可能性が高いそうです。学校や会社など、どうしてもその場から離れることが難しい場合は、「無の状態」にする癖をつけると良いと言われています。呼吸に集中をすれば意識がそちらに向きますし、難しい場合には専門家に相談して自分に合ったやり方を探しても良いでしょう。そして何より、健康な状態でいることが悪影響を受けにくくする方法となるそうです。体が弱っている時には、マイナスの感情に引き摺られやすくなります。食事と睡眠をしっかり取り、悪い影響に飲まれないようにしましょう。他にも、一人の時間を多く取ることや、能力についての理解者を持つなど、工夫によって体質とも上手く折り合いがつけられるそうです。自分に合った方法を探してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です