スピリチュアルの業界は、勉強をした後に、活躍をする人と、活躍をしない人に、くっきりと分かれる傾向があります。
活躍をしない人は、だいたい、習ったことの実践をしないでいます。

「私は、まだまだ経験不足だから」
「私は、自信が持てる状態じゃないから」
「もっと勉強をしてからでないと、まだ始められないから」
などと、いろいろな言い訳をして、実践から逃げています。そのため、技術が磨かれていきません。

一方、活躍をする人というのは、習ったことをすぐに実践にうつしていきます。すぐに行動すると、仕事のコツや感覚がどんどん磨かれていきます。ですから、自然と自信もついてくるのです。

スピリチュアルコーチングのスキルは、みんながみんな最初から、上手くできることではありません。重要なのは、学んだことを実行して、自信がついたら、また実践を続けることです。その時、もし上手にできたら、自分を褒めてあげましょう。すると、それがまた、自信につながります。

活躍をする人は、こうして実践をして、自信をつけて、クライアントを増やしていきます。

誰もが、最初から、クライアントが集まるわけではありません。学んだことを実行しながら、丁寧に、クライアントと向き合い、クライアントと共に成長をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です