たとえば、「占い」という分野に限っても、雑誌や新聞に載っている「誕生日占い」や「星座占い」「手相」や『タロットカード占い」、「姓名判断」、盤竹を使う「易」、生年月日と 生まれた時刻を使って占う「四柱推命」など、たくさんの種類がある。また、それぞれが「O O流」というように複数の流派にわかれている。 また、「易」は「AとBのどちらがいいか」という二者択一の質問に向いており、「姓名 判断」は人生全体を見るのに適しているなど、占いによって得意分野がある。

最近 なって開発されたスピリチユアルワークもある。宇宙の声を聞く宇宙「系」、子宮の声に従って生きるとうまくいくと女性に説く「子宮系」、サラリーマンにも人気の「マインドフルネス」のように、どんどん新しいものが出てくる。こうなると、とても選びきれない。

人によって、これは当たる!いうものも違ってくるであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です